代表取締役 挨拶

当社は、1957年6月にプラスチック成形業として発足し、その後、数々の困難な時期を乗り越えながら業績の蓄積をはかり、設備の増設とともに1959年2月には有限会社京光製作所を設立しました。以来、社員一人一人の創意工夫とバイタリティの結集によって、会社の規模も業績も飛躍的に向上して、いまや
”京光グループ”は高い評価を受けています。
エレクトロニクスの
業界は日進月歩の激しい技術革新を続けていて、常に新技術の開発が要求され、また部品の良否が各種機器の良否を決定すると言われるように部品の重要度は増しています。
当社では常に時代の要求に即応できる体制の確立のために、長期的かつグローバルな展望のもとに、大胆な発想と迅速な行動をもって望んでいます。
受信システム機器、制御機器等のメーカーとしての蓄積された技術を礎として、常に時代の要求を先取りした新たなる分野へ挑戦しつづけることを当社の心構えとしています。
お取引先様各位ともども事業発展のため、よりいっそうの努力を続けてまいります。  

                                         代表取締役 会長
                                     菅原 政永