沿 革

1957年 6月 伏見区にて、菅原 政永現会長 が個人経営によるプラスチック成形工場を開業 
1959年 2月 有限会社 京光製作所 資本金50万円で設立 
1968年12月 電子機器組立を開始 
1969年 3月 射出成形機を増設 
1969年 5月 宇治工場完成・移転 
1970年 2月 テレビカラーアンテナの組立を開始
1972年 8月 資本金500万円に増資 
1976年12月 本社を宇治工場(現住地)に移転 
1978年11月 本社工場を増築 
1980年 3月 自動半田付装置、プリント基板生産ラインを導入、プリント基板実装開始 
1984年11月 パナサート機(アキシャル、ラジアル)を導入 
1985年 6月 プラスチック成形部門を 株式会社 京光 として分離独立 
1988年 2月 業務拡大につき、有限会社より株式会社に改組 
1991年 8月 パナサート機(ラジアルRH・アキシャルAV)機を増設 
1993年 7月 資本金1500万円に増資 
1994年 8月 N2発生装置、リフローライン導入 
2002年 8月 自動半田付装置、鉛フリー対応機導入 
2002年10月 NHKニュース関西にて組立工程放映 
2004年 1月 ISO14001 認証取得 
2004年 8月 資本金4000万円に増資 
2004年10月 韓国 ITSWELL社とLED総代理店売買契約 
2008年 1月 ISO9001 認証取得 
2012年 4月 リフローライン増設
2013年 1月 韓国 Lite LED社 技術提携 
2014年 8月 パナソニック(株)AP社様 New OIG認証
2015年12月 PANAラインにJUKIの印刷機の導入 

 

事業案内

開発から出荷まで、一貫したシステムで要望に応える”提案型”です!

技術開発
ユーザーニーズに応えた商品開発から、自社独自の商品開発まで、積み重ねた技術力でトータルに活躍。当社の発展を担う中枢として力を入れています。
電子ユニット
製品の頭脳として重要な役割りを果たすコントロール機能として使用されるプリント基板をパナサートを使った電子部品の表面実装、自動挿入から組立まで一貫した製品づくりにあたっています
電子部品
エレクトロニクス産業の発展の一翼を担う部門として高周波トランスや電子ブザーなどを製造し、その地盤を着々と築いています。
品質管理
製品しいては企業の信頼性を得るための部門として、するどいチェックの目を光らせ品質を保証する体制の確立に最大の努力を続けています。
プラスチック成形
京光グループ(葛梃)としてプラスチック成形部門を一手に担って、長年の蓄積された着実な技術をもとに進歩を続けています。
受信システム(高周波)
混合器や分配器等を含むテレビアンテナ関連機器の製造から組立、完成品の出荷にいたるまでト−タルな製造メーカーとして活躍、永年の技術力を蓄積しています。